れいか(9歳)

潜在能力を最高に引き出す瞑想は、受験対策としても最高のツール!瞑想ティーチャー渡邊愛子が9歳の娘れいかと、小・中学生を対象にした初の「こども瞑想会」を開催します。瞑想が初めてというお子さまにも親しみやすく、高い効果が出るように意図されています。

“最強の願望実現ツール”である瞑想を、子どもの頃から習慣に!

渡邊愛子が提供する「原初音(げんしょおん)瞑想講座」の受講者数が2,200名を突破し、多くのビジネス書、雑誌やTVなどの影響もあり、いまや瞑想が一般化。ひとりでこっそりと瞑想を実践する時代から、家族で瞑想を日課にする時代に。ご夫婦で「原初音瞑想」を実践したり、講座の学割制度を利用して、高校生や大学生のお子さまが受講するケースが増えています。両親と一緒に、見よう見まねで瞑想を始める小・中学生たちも増加中。

夏休み特別企画「こども瞑想会」では、瞑想ティーチャー 渡邊愛子が、「なぜ瞑想をすると良いのか」を小中学生向けのテキストを使って娘のれいかが日常で経験している瞑想効果を実際に話してもらいながら説明します。その後のステップは次のとおりです。

【STEP 1】 子供でも使いやすいマントラを選び、簡単で効果の高い瞑想方法をわかりやすく教えます。
【STEP 2】 「意図と願望リスト」の子供版として「お願いごとシート」を作成。瞑想前に目を通します。
【STEP 3】 瞑想の効果を高める「3つの質問」を行います。
【STEP 4】 瞑想に入ります。瞑想の長さは、参加したお子さまたちの平均年齢×1分。

米国チョプラセンターによると、子どもの瞑想は1回につき、小学校の低・中学年は“年齢×1分”(6歳なら6分)でOK。
小学校高学年は10~15分、中学生は15分です。

子どもにも1日2回の瞑想が推奨されていて、ベストなタイミングは朝起きてすぐと、学校から帰宅したとき。
大人同様に、マントラを使った瞑想が薦められています。

高校生から1回20分。1回につき30分の原初音瞑想は18歳から推奨されています。

子どもには“子どもの声に反応しやすい”、“同じ世代の子どもの話をよく聞く”という性質があるため、「こども瞑想会」における瞑想の誘導は「こども瞑想ファシリテーター」れいか(9歳)が行います。

小・中学生用の瞑想テキスト付き。

こども瞑想ファシリテーター れいか


「おとな瞑想カフェ」も併設

「こども瞑想会」では、保護者の方が待っている間に瞑想を体験できる「おとな瞑想カフェ」(同フロアの別室)も併設。渡邊愛子があらかじめ収録した瞑想の指導と誘導の音声を聞きながら、30~40分の本格的な瞑想を体験していただけます。BODY MIND SPIRIT認定 瞑想ファシリテーターが同席するので、初めての方も安心です。

こどもファシリテーター れいか
●PROFILE


瞑想ティーチャー 渡邉愛子の一人娘で、現在、小学校4年生(9歳)。

生まれたときに流れていた「原初音マントラ」を、4歳の頃、母である渡邊愛子から授与される。
5歳で、大人たちに混じって30分間の瞑想会に参加。

8歳から1回8分の瞑想を日課とし、
1年半継続したところで母からトレーニングを受け、
9歳で「こども瞑想ファシリテーター」に認定される。

現在は朝6時前に起床して10分ほど瞑想し、中学受験の勉強に役立てている。

夏休みの「こども瞑想会」では、小・中学生の瞑想をファシリテート。
「小中学生の皆さんへ」Message from Reika

メイソウは子供でも簡単にできると思います。
マントラというメイソウ用の音を頭の中で思い浮かべれば、たいくつしないで、自分の年れい×1分という長さにセットしたメイソウ用のアプリがチーンと鳴るまで続けられます。

毎日メイソウするようになってから
「願い事がかないやすい」
「いろいろなタイミングがいい」
「友だち関係であまりなやまなくなった
(いろいろな可能性をすぐ考えられるようになった)
「朝早い時間に勉強できるようになった」
「予感したことが当たりやすい」

などが、ふりかえってみると思い当たります。


夏休み特別企画「こども瞑想会」&「おとな瞑想カフェ」
日程 実施日時 参加費 小学生 中学生 おとな

「こども瞑想会」
「おとな瞑想カフェ」


8月24日(木) 15:00~16:00

(子供:瞑想後にジュースをお出しします)
(大人:チョプラセンター製ハーブティ付き)

1,500円

(小中学生・大人それぞれにつき)
定員6名

満席
定員6名

残5席
定員6名

満席

※ホームページ更新日付: 2017年8月11日 00:30am

原初音瞑想 受講者 限定 「こども原初音マントラ授与会」

親御さんが原初音瞑想講座の受講者である場合、お子様に原初音マントラを授与いたします。
【定員】小・中学生6名(大人同伴可)
【費用】10,000円(通常30,000円相当)
(原初音マントラ授与、再受講用 原初音瞑想講座第一回・第三回講義DVD、テキスト付)
【日時】 
7月27日(木)14:00~15:00※
8月10日(木)14:00~15:00※
8月24日(木)14:00~15:00※
※上記いずれの回も、瞑想の指導は15:00~16:00の「こども瞑想会」にて行います。


「こども瞑想会」ご予約方法

上記スケジュールをご確認頂き、
----------------------------------------------
◇参加希望メニュー:(「こども瞑想会」 「おとな瞑想カフェ」 「こども原初音マントラ授与会」)
◇ご希望の日時
◇お名前
◇日中のお電話番号
◇ご希望日時
----------------------------------------------
をご記入の上、下記のアドレスまでメールでご連絡下さい。

ご予約日時となど詳細が記載された、ご予約確認の
メールを返信させて頂きますので宜しくお願い致します。

※瞑想講座卒業生の方はその旨、お申し出下さいませ。(予約受付オフィス担当者が対応しています)


携帯メール
(携帯メールアドレスは携帯からのみ受信可能。
※パソコンメールやスマートフォンのアドレスからは受信できませんので予めご了承下さい)
「こども瞑想会」会場
BODY MIND SPIRIT 表参道サロン


1970年東京生まれ。大学卒業後、外資系ソフトウェア開発会社にエグゼクティブ・セクレタリーとして入社した1年後にプロジェクトマネージャーとしてマイクロソフトやアップル社とのOEMビジネス窓口を担当し、その1年後には製品担当者、2年後には販促も手がける製品マーケティング・マネージャーとなり、アメリカのインターネット配信システムを日本語化してNTTや大手流通会社とのビジネス連携に成功。
インターネットセキュリティ会社のトレンドマイクロの社長夫妻と出会ったことから社内にウェブ・マーケティングを導入するプロデューサーとして転職。ウェブ制作のチームが急ピッチで増えて行き、入社1年後には課長、2年後には部長代行となる。3年後には社内のあらゆる業務設計からシステム構築までを手がける20名規模のビジネスプロセス部に成長し、ディレクターに就任。7年間で50~60のシステムをリリースし、最後は海外26拠点で利用するCRM(顧客管理)システムの導入のプロジェクトで世界中をまわり第一フェーズを完遂後に退職し、それまでとは全く異なる分野で起業する。

 アメリカ西海岸への出張中にサンディエゴにあるチョプラセンターを訪れたことから瞑想に出会い、その後シンクロニシティに導かれて世界的なスピリチュアルメンターであるディーパック・チョプラ博士との交流が始まる。
「真の健康を伝えたい」というインスピレーションから、2006年に株式会社ボディ・マインド・スピリットを設立。都内で各種セラピーを提供するサロンを運営しながら、チョプラ博士の日本窓口をつとめ、来日セミナーの主催(2007年、2009年、2014年)、書籍翻訳や監修、映画字幕翻訳や監修を行う。

著書に 「世界のエリートはなぜ瞑想をするのか」(フォレスト出版)2015年
「運のよさは瞑想でつくる」(PHP研究所)2016年
『マンガで実践!世界のハイパフォーマーがやっている「最強の瞑想法」』(大和出版)2017年

訳書にディーパック・チョプラ著「富と成功をもたらす7つの法則」[ 文庫本](角川文庫)、「宇宙のパワーと自由にアクセスする方法」(理論編/実践編)(フォレスト出版)、共訳書に『あなたの年齢は「意識」で決まる』『あなたの運命は「意識」で変わる』『あなたは「意識」で癒される』(フォレスト出版)、監訳書に「チョプラ博士のリーダーシップ7つの法則」(大和出版)、「LOVE ~チョプラ博士の愛の教科書」(中央公論新社)、字幕監修DVD に「ディーパック・チョプラ プレミアムDVD-BOX〈「富と成功をもたらす7つの法則」「内なる神とつながる~奇跡に満ちた魂の旅へ~」〉」(TSUTAYA ビジネスカレッジ)字幕翻訳作品に映画「ファインディング・ジョー『英雄の法則』」、ディーパック・チョプラ博士の映像教材「ソウル・オブ・リーダーシップ」DVD-BOX(フォレスト出版)がある。

日本初のチョプラセンター認定 瞑想ティーチャーとして2006年より「原初音(げんしょおん)瞑想講座」を提供。定員6名の少人数クラスに全国から受講者が訪れ、受講者数は2千名を超える。2017年春、原初音瞑想講座オンライン版をリニューアル開講。

●2017年7月現在9歳の女児の母。

★渡邊愛子オフィシャルサイト・ブログhttp://aikowatanabe.com
★Facebookページ http://www.facebook.com/aiko333
★インスタグラムhttps://www.instagram.com/aikowatanabe333/